即日に現金化出来ることがファクタリングのメリット

インターネットが発達してきた現代では、情報は瞬時に世界中を駆け巡り、社会全体のスピードも速くなっています。

そのため何かアクションを起こした時にすぐに結果が得られることが非常に多くなってきています。
つまり何をするにも実現するのが早くなっているということです。

日本中小企業金融サポート機構 ビートレーディング

ところで、企業において資金調達する際、自社に体力があればすぐに出来ますが、そうも行かない場合は銀行からの融資があるでしょう。

銀行からの場合、気をつけなければならないのは、審査があり、即日に調達することが出来ないことです。


前もって資金が必要となることが分っていれば、できるだけ早く融資の手続きをする思いますが、急に必要となった場合は困ります。


そういう時に役に立つのが「ファクタリング」です。

ファクタリングを使うと急な資金が必要となった場合でも即日で現金を得ることも可能です。

もちろん自社に売掛金がなければ出来ません。

つまりまだ回収出来ていないお金がある場合のみ利用することが出来ます。


売掛金の回収をファクタリング会社に売ることで、その会社から手数料を引いた分のお金を受け取ることが出来るのです。売掛金の回収はファクタリングが売掛先から行う3社間での契約と、回収は自社で期日通り行いそれをファクタリング会社に支払うといった2社間での契約があります。


3社間と2社間では後者の方が手数料が高くなります。

ですが、2社間の場合は、売掛先の企業に自社の経営状況を知られることがないというメリットがあります。



それがメリットなのは経営状況が悪いと売掛先に判断されてしまうと取引量が減らされるなど、取引内容の見直しに至ってしまうこともあるためです。

ですので、即日に現金化出来るのはメリットですが、手数料や売掛先の企業との関係におけるデメリットも考慮して契約すると良いでしょう。