ネクタイを選ぶ時に注意したいこと

男性にとって、スーツを着る際やビジネスシーンなどで必須アイテムといえるのがネクタイです。


締めているネクタイによってその人の印象が変わるとも言われていますが、実際には毎日なんとなく選んでいるというケースが多いのではないでしょうか。
改めて選ぶとなると、何を基準にしたらよいか迷うかもしれません。

厳選したネクタイ情報が揃っています。

基本的な決まり事としては、締めた時の長さはベルトに掛かる程度、幅はジャケットの下襟の幅とおなじくらいに合わせるのが良いと言われています。
いろいろな幅のネクタイがありますので、自分のジャケットを基準にして選ぶようにしましょう。


色はどうでしょうか。

色は人に与える印象を変えることが出来るので、慎重に選んでください。

例えば、赤系は情熱的で前向きな印象を与えるのでプレゼンなどここぞというときに選ぶと良いかもしれません。

青や紺は真面目で落ち着いた印象になるので、相手に信頼感を与えることが可能です。



黄色は明るさを演出しますがカジュアルな印象になるので堅い業界のオフィスには向きません。

緑は穏やかな優しさを演出することができます。柄も、ストライプやドット、小紋柄などがありますが、迷ったら細かな小紋柄がオススメです。



無地のネクタイの場合は素材にこだわってみても良いかもしれません。


ネクタイは自分を演出する大切なアイテムの一つです。

ただ何となく選んだり、自分の好みだけで選ぶのではなく、相手に与える印象も考えて選んでみるようにしましょう。