ネクタイ1つで印象が変わる

ビジネスシーンには、欠かせないネクタイ。


何気なく選んでいる人も多いのではないでしょうか。ネクタイの本場はイタリアです。

イタリア製のものは質が良く結び目が簡単に緩まないなどの利点があります。

デザインによって、付けた時の印象はガラッと変わります。
どんなスーツにも似合う紺色の無地や、フォーマルにも使えるレジメンタルといわれる斜めのストライプのものが一般的です。

ネクタイの情報を確認できるサイトです。

年代に合わせて素材や柄も、様々な種類がありますが迷った時には店員に相談して売れ筋を聞くのも良いでしょう。
ストライプのものを着けるときには、スーツやワイシャツを無地にした方が、よりストライプが映えるようです。

最近では、ニットの生地で作られているおしゃれなものもあります。
カジュアルめがオッケーなオフィスなら活躍しそうです。

ただしニット生地は結婚式以外の弔辞関連では使用は控えましょう。ネクタイは、実際に付けた時の長さにも注意が必要です。


あまり長すぎても、だらしなく見えてしまいますし短いとお腹が出て見えてしまいます。
きちんとした印象に見えるように長さを調節しましょう。

使っていない時には、必ずハンガーに掛けるか、くるくると丸めて収納をしないとシワになったり拠れたりしてしまうので気をつけましょう。
女性から男性にネクタイを送る際には、あなたに首ったけという意味があるともいわれています。



そのため、既婚者の男性へのプレゼントは避けた方が望ましいかもしれません。
また、誤って水洗いをしてしまう人がいますが、基本的にはシルクが素材になっているものが多く洗ってしまった場合には諦める他ありません。



アイロンも生地がテカってしまうので、軽くスチームを当てる程度にとどめましょう。